KOVAさんからのアドバイス 
 わんこシャンプーのポイント


「上手に泡を立てるにはどうしたらいいの?」

「わんこを石けんで洗ったけど、泡立ちがいまひとつ良くなくて。。。」
そういう方の為に、わんこ洗いのポイントを1つ!
ほぼ、これのみ!水分 です。
髪の毛を洗ってみると実感できるのですが
手や顔を洗うのとは全然違い、水分はなかなか地肌まで届きません。
シャワーして石けんを髪にこすりつけても
慣れないと、髪の表面だけを洗っていて地肌まで届かない感じが実感できます。
わんちゃんの場合は、人間以上に全身が強力なオイルで保護されている為
人間の髪よりも更に水をはじき、当然泡も立ちません。
特にコーギーのようなダブルコートのわんちゃんの場合は
皮膚まで水を届かせるのはなかなか大変な作業です。

洗浄力が高く泡立ちの良いココナッツオイルをたくさん配合すれば
石けんはもっと泡立ち、洗浄力も高くなりますが
わんちゃんにとって大切な皮膚を守る為のオイルを洗い過ぎてはいけないので
KOVAのミルク石けんはココナッツオイルも適度な配合量です。
今まで市販の液体シャンプーに慣れていたら、初めはきっと戸惑われると思います。
でも水分を調節できれば、わんちゃんにとっても飼い主さんとっても安全なうえに
わんちゃんの皮膚をいい状態に保てるように洗うことができます。
ここで諦めずに頑張ってみてください。

では、どうすればいいのか。
毛の内側、皮膚までしっかり水分を含ませること。
この状態になると、わんちゃんは必ずブルブルをしてしまうので
ペットボトルにお水を入れておいて、石けんをこすりつける時に
少量の水をかけながらこすれば泡立ちます。
シャワーヘッドを背中に当て、水をチョロチョロ出しながら
石けんをつけてもいいですね。
石けんを水に漬けて柔らかくして使う方法は
柔らかくなり過ぎた場合にドロッと毛について残ってしまうことがあるので
ロングコートのわんちゃんにはオススメできません。

洗った直後は若干ぱさつきます。
脂分を洗い流してしまったからです。
気になるようなら、トライアルリンスをお使い下さい。
すぐにしっとり&サラサラ感覚がお楽しみ頂けます。
もちろんKOVAも愛用してますよ♪
リンスがなくても、翌日、翌々日には、わんちゃん自身が
適度な皮脂を分泌し、徐々にコートもしっとりしてきます。
これがわんちゃんの皮膚を正常化させる治癒能力のひとつです。
過剰に足しても、過剰に引いてもいけません。
フケや乾燥など、トラブルのあるわんちゃんも
少しずつ良くなってきたというお客様からの嬉しいご報告も戴いています。

ちなみに、KOVAのお店でココナッツオイルの配合が高いのは
キッチンソープのみで、オイル全量の約30%です。
だから油汚れが良く落ちるのです。
その他の石けんに使っているココナッツオイルは約12〜20%までです。
皮脂を落としすぎないためにはこれ位がいいのですが
12%位だと泡立ちの控えめな石けんになります。
なのでキッチンソープ以外の全品に、保湿力が高く非常に持ちのよい
大きな泡を立てるキャスターオイルを配合しています。


                         Latte di KOVA
<